カップ&ソーサーのうんちく

おもてなし

珈琲や紅茶を何で飲むでしょう。

普段は気に入っているマグカップでという方が多いと思います。
私もその一人。

カップ&ソーサーは基本的には「来客用」とか「外食で」という感覚があります。

皿にはスプーン。
砂糖とミルクは別の小さな容器に、といった感じです。

たまに、お菓子なんかも乗せたりします。

今回は、そんな非日常のカップ&ソーサーの話をさせていただきます。

カップ&ソーサーのうんちく

カップ&ソーサーは本当に大きく分けると2種類です。
珈琲用と紅茶用。

細かく見れば、デミタスカップやラテ用のカップなど様々ですが、今回はそこまで詳しくは話しません。

形の話

紅茶用と珈琲用のカップの違い。

それは形です。

口が広くて、背の低いものが紅茶用です。
口の大きさと高さが同程度のものが珈琲用です。

カップ&ソーサーのうんちく

紅茶は本来熱いお湯で煎れたポッドごとサーブするものです。
その熱をカップの表面で冷ますために口を広くし、空気に触れる面積を増やしたのが始まりということです。
背が低いのは、高いままだと重くなるから。

結構簡単な理由です。

更には、浅型のほうが紅茶の色がきれいに見えるから。
レモンを入れる際口が広い方が入れやすいから。

など、少し曖昧だったりします。

正式なものは、カップの底と皿の間にスカートと呼ばれる足が必要になるようです。
和食器でいう高台(コウダイ)です。
これがあると間に空気層が出来、紅茶が冷めにくくなるようです。


一方珈琲。

もともと紅茶よりも低温で抽出する飲み物であり、冷めると美味しくなくなるため、保温性に優れた形に行きついたようです。
また、一度に大量に飲むものでもないことから、容量も小さめに。

カップ&ソーサーのうんちく

永く愛される

様々な違いはありますが、日本人としては、ティーカップで珈琲が出てきたり、コーヒーカップで紅茶が出てきたりすれば、違和感を覚えます。

しっかりと飲み物に見合ったカップを使うことも、お客様をおもてなしする上で大切なマナーになってきます。

MONO-yaでお勧めするカップセットは柳宗理のボーンチャイナのものです。

ボーンチャイナとは、牛の骨が灰になったものを原料としてつくられる磁器です。
一見真白ですが、青白い感じがなく、陶器のようにクリーム過ぎず、優しい白色です。

そのボーンチャイナで作られた柳宗理のカップ&ソーサー。

良さは次の通りです。

やわらかな白はそれぞれの飲み物の色を十分に引き出します。
形も気になることなく、しっくりと手になじみます。
重さも軽い。
もちろんお手入れも普通通りで構いません。


なんの特徴もないようですが、入れる飲み物を十分に活かすことのできる食器です。


お客様をおもてなしする際は是非こういった食器で。

カップ&ソーサーのうんちく

福島県白河市・宮城県仙台市泉区にある雑貨&カフェ MONO-ya

「少しだけゆたかに暮らせるようなモノに出会えます。」をコンセプトに地域の皆様に素敵な商品との出会いを導きます。