ボウル+ザル

調理の脇役

料理をするとき使うもの。
まな板、包丁、フライパン、鍋、・・・・。
様々な調理道具がキッチンには存在します。

そんな中、ボウルとザルも欠かせない調理道具のひとつだと思います。

大きさがぴったりとそろった、ボウルとザルで一対。

食材を洗う、入れる、水切りをする、混ぜる、こねる。
時にはそのまま火にかけてバターを溶かしたりもします。

そんな風にいつも何気なく使う道具だからこそ、ストレスなく、簡潔なものを使って欲しいと思います。

ボウル+ザル

ステンレスボウル+パンチングストレーナー

柳宗理氏のステンレスボウルとストレーナー。
ボウルのサイズは6種類。ザルはボウルに沿うように4種類。
両方18-8のステンレス製です。

ボウル+ザル

ボウルはちょっとした食材のストックにも便利な13㎝から。
間の23㎝のものはすこし深めになっています。
お菓子を作るときの混ぜる作業や泡立ての作業が想像以上に便利です。
一番大きな27㎝はたっぷりのサラダを作っても余裕があります。

ザルはステンレス板にパンチング加工で穴があいています。
針金を編んだものとは違い、丈夫で目詰まりも一切ありません。
引っ掛かりがなく仕上げてあるため、洗った後に布巾で拭けば、すぐに水分を落とすこともできます。

そしてなにより、組合せ。
ボウルよりも少しだけ浅く作られたザルは、重ねてもボウルの底にくっつきません。
そのため水切りでボウルにたまった水分に食材が浸ることはありません。

順序よく重ねればすっきりと収納できます。

簡潔だからこそ使い勝手が良い。
簡潔だからこそ丈夫で飽きずに長く使える。

だれにでも使って欲しい調理道具です。

柳宗理

日本を代表するプロダクトデザイナーの柳宗理氏。
代表作は「バタフライ・スツール」。

しかし、彼の生み出すデザインは多岐にわたり、食器、カトラリー、調理器具、看板や駅のベンチ、オリンピックのトーチなども手掛けています。

今回は私がとても機能的でデザイン性に優れていると思う、ボウルとストレーナーをご紹介します。

福島県白河市・宮城県仙台市泉区にある雑貨&カフェ MONO-ya

「少しだけゆたかに暮らせるようなモノに出会えます。」をコンセプトに地域の皆様に素敵な商品との出会いを導きます。